神奈川県独自地域限定保育士試験に向けて 保育実習理論(音楽)その1

こんにちは!

皆様、お元気でしょうか。


保育士試験対策 保育実習理論・音楽 その1調号


今週末は神奈川県独自地域限定保育士試験が実施されますね。
そこで、今回は音楽理論で覚えておけば便利なことをご紹介します。


毎回、保育士試験で出題される、「正しい調号問題」まずは調号がつく順を覚えてください。

今回は1分47秒の動画を見てあとは「シミラレソドファ」か、
「ファドソレラミシ」を唱えるだけです。






今週末までに覚えられなかった場合、問題用紙が配られたまず、
「シミラレソドファ」と書いておいてから、問題を読み始めましょう。

これは、私が他の科目でどうしても覚えたい時に使う手です


覚えておけば後期試験にも役立ちます。

後期試験は、以下の通りとなっています。

筆記試験:令和2年10月24日(土)、25日(日)
実技試験:令和2年12月13日(日)

ちなみにJUN音楽教室では実技対策や、
保育士や幼稚園の先生を応援するコースもオンラインレッスンで用意しております。

子どもの曲って実はリズムなど難しいですよね。
でも、コードを使って弾くので子どもたちの顔を見ながら、
声をかけながらのピアノ演奏が可能です。
受講された幼稚園の先生、保育士の方には、ピアノが苦手じゃなくなったと喜んでいただいています。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント