「聴く」レッスンをいっぱいします。

★JUN音楽教室★では、

「聴く」というレッスンをいっぱいします。

単にメロディーやハーモニーの聴音だけでなく、

連弾をしてて自分の音と相手の音がどうなってるかな・・?

とか、

この休みの感じ方は・・・

とか

自分の音はイメージどおりになってるか・・など

これは、自分がバンドやってて

アンサンブルが上手くいかず、

いろんな聴き方をして、バンドメンバーみんなで

練習していくうちに、ソロでもレッスンでも同じ練習をしようと

考えるようになったからです。

変拍子の曲をやってたときのことです。

私、及びギターの子はドラムをきっかけに次のフレーズに

入っていました。

ある時それに気づいたドラムの子が

わざと、そのきっかけの音をはずして叩きました。

みんなまったく次に入れず・・・・・・

「ダメじゃん。先生・・・」そう、すでにその時私はピアノの先生だったのに・・

それから、ドラムのフレーズを歌うようにすると

ドラムの音がなくてもきちんと音楽がつながるようになったのです。

ああそうか・・・・・聴こえない音も歌わなきゃな・・って気づいた瞬間でした

そのために、連弾やMIDIデータを使ってレッスンするようになりました。

それまでの仕上がった曲に伴奏を付けるという

MIDIデータの使い方が、変わってきたのです。

でも市販の練習用のデータがなかなかなく、

ほぼ自分の「手作り」・・・

そんな時出会ったのが

「ピアノランド」と樹原涼子先生!!









そのおかげで、探していたもの以上のデータ

そして指導法に出会うことになるのです。

データ以外の「ピアノランド」のよさはまたお話しますが、

データとのアンサンブルは、楽しい音楽の中で聴く力を育てることに

つながります。

是非お試しを!!





★JUN音楽教室★











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック